ぼくらの物語

もりのまつりの立ち上げ、その歴史は2006年まで遡ります。
この日の終演後に見た夕陽は、多分一生忘れないだろうな。あれ以来たくさんのひとたちの力を借り、8年間歩んできました。

僕は1998年の豊洲でのFUJI ROCK FESTIVALでいわゆる野外フェスに初参加し、翌年の苗場ではテントで3連泊しました。
自然に囲まれた中で、素敵な音が鳴り、美味しい食べ物やお酒があり、思いを共有する場。
いつか自分の街でこんな空間があったらいいな、という思い。

ひょんなきっかけから始まったもりのまつりですが、FUJIを共にした友人から「夢がかなってきたな。」と言われたとき、ふとこのことを思い出しました。
もりまつはスポンサーもなく、音楽やART好きな仲間たちと、地元を愛するひとたちと、「手づくり」でつくってきました。
"ひと・自然・音楽とふれあおう"をテーマに、子供たちにとっても大人たちにとっても、遊び場であり、更に学び場でもある空間を作れるように。
子供の瞳に未来につながるいまを映せるように。
こんな片田舎のまちにも、個性あふれるひとたちがたくさん集まる。
スタッフ、パフォーマー、そして来場してくれる皆さん、それぞれで創りあげる場所。
結婚式みたいに皆が同じ気持ちになれる空気。もっと自分のまちを大切に思えるように。

全国で立ち上がっているようなフェスを目指すのか、地域のお祭りなのか、大人の学園祭なのか、はたまた街おこしなのか。
きっとそんな大層なものではありません。
自分たちの足で、仲間のサポートの中で、しっかりと立って歩けるように、進めていきたいです。

そして、365日のうちの1日ですが、何かに繋がっていくことを生み出せたらなと思います。

2014/6/4 もりのまつり実行委員長